40代から始める首イボケア!

 

首やデコルテのざらつき・ブツブツが気になってきた・・・・

 

首のイボやざらつきの原因は古い角質です。

 

つまり、加齢によって首まわりなどにボツボツができ始めます。

 

対策は?

 

皮膚科などレーザー治療がベストです。

 

ですが、ブツブツができるたびに、何度もクリニックへ足を運ぶのは面倒ですし、お金がかなりかかります。

 

そこで、おすすめなのが、●●!

 

●●とは、オールインワンジェル&クリームのことです!

 

おすすめの首イボケア、クリーム&ジェルランキング

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

 

 

首のイボQ&A

 

40代の首イボについて

 

老人性いぼの原因は

 

人間の肌にできるいぼにはいろいろな種類がありますが、大きく、ウィルス性いぼと老人性いぼのふたつに分けることができます。

 

ウィルス性のいぼはその名の通りウィルスが原因です。では老人性いぼの原因はなんでしょうか。

 

老人性いぼは、肌の老化や多量に浴びた紫外線、衣類の摩擦などが原因となっておきます。顔や首回りなどは露出しているため紫外線を浴びやすく、そのためいぼができやすい部位です。

 

老人性とついていますが、実際は20代ごろからでき始めることがあります。

 

肌が大量に紫外線を浴びると、皮膚は真皮まで届かないようにメラニン色素をつくります。この生成されたメラニン色素は、新陳代謝によって肌から排出されていきます。

 

ところが新陳代謝が低下していると、排除しきなくなります。結果、メラニン色素が角質とともに盛り上がり、いぼとなります。

 

また衣類のこすれなどの摩擦や刺激によってもいぼができることがあります。遺伝的要素も原因のひとつと考えられています。

 

老人性いぼを予防するには、紫外線対策をすることが大切です。日焼け止めや日傘などを適宜活用して、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

 

また新陳代謝が衰えないように、睡眠をしっかりとってできるだけ規則正しい生活を送る、喫煙はしないなど、生活習慣を整えることも予防につながります。

 

老人性イボはレーザー治療でとれる?メリットデメリットは?

 

気が付いたら首回りにできている茶色いぽつぽつとした老人性イボは、皮膚科で受けられるレーザー治療で簡単にとれるため、

 

気になる時は早めに医師に相談するのがおすすめです。

 

老人性イボをレーザー治療でとるメリットは、仕上がりの美しさと即効性にあります。

 

イボが気になる部分にレーザーを照射すると、軽い擦り傷の状態になります。治療後しばらくは傷テープで保護し、軟膏を塗って清潔に保ちます。

 

するとかさぶたが剥がれ落ちるかのように手軽にイボを取り除くことが出来て、仕上がりも美しく肌が滑らかな状態になるため大変おすすめです。首回りが若々しく生まれ変わるでしょう。

 

 

ではレーザー治療を受けるデメリットはあるのかというと、まず痛みの問題が挙げられます。

 

通常はレーザーを照射する前に麻酔を注射するため、レーザー治療そのものの痛みはそれほど気になりませんが、痛みに敏感な人は麻酔を注射することが負担になることもあります。

 

また、健康保険が適用されないケースがほとんどなので、治療費が一万円前後かかることもあり、
金銭的負担を感じるケースもありますが、市販の老人性イボ対策化粧品などを購入して余計な出費を増やすより、
皮膚科を受診してすぐに老人性イボをとったほうがトータルでの金銭的負担は軽くなりおすすめです。

 

 

老人性イボを毛抜きやピンセットで自分で取るのは危険?!

 

老人性イボは、紫外線のダメージや摩擦による肌の負担は肌に蓄積されていきます。加齢することによってそのダメージが表面に現れることによって、老人性イボという形で目に見えるようになります。
イボが出来てしまうと老けた印象になってしまうため、とってしまいたいという人は大勢います。
自力でピンセットや毛抜き、ハサミや爪切りなどの方法で取ろうとするのは、絶対にやめたほうが良い行為です。
確かに、切り取ってしまうことによって一時的には老人性イボはなくなります。しかし、正しい処置をしなかったことでイボの数が増えてしまったり、傷跡が残ってしまうなどの危険性があるため自分で取ることは避けるべきです。
きれいに取り除くためには、深く切り取る必要があるため自分で取るだけでは、根本的な解決にはならないと考えられます。
老人性イボは古くなった角質が固まったものです。治療するためには、液体窒素で凍結させてカサブタを取って除去する方法やレーザーによる切除方法、電気メスと使ったり、外科的な手術による治療などがあります。
病院に行きたくないという場合には、肌のターンオーバーを整えることが重要となってきます。
特に杏仁オイルやハトムギは、肌のターンオーバーを整えるため効果的にイボを改善します。

 

 

ヨクイニンの効果と副作用を解説

 

ヨクイニンと言えば、イボに有効とされる成分としてよく知られています。

 

イネ科の麦の一種で、ハトムギの皮を除いた種から得られるもので、漢方薬として使用されている成分です。

 

たんぱく質やカルシウム、鉄分、ビタミンB群、糖質などの栄養素が豊富に含まれているので、美容効果が非常に高いです。

 

ヨクイニンの効果で顕著なのはイボを取る効果で、昔からイボの治療や肌荒れなどの改善に使用されてきました。
様々な肌トラブルに効果を発揮してくれることから、最近は化粧品の成分としてもよく使われています。

 

また、肌トラブルに対する効果だけでなく、皮膚の新陳代謝や血行を良くする働きがあり、膿や毒を排出する効果も期待できます。
ヨクイニンを使用すると、代謝や血行を良くして老廃物を排除し、皮膚細胞の生まれ変わる働きが活発になります。

 

抗炎症、皮膚再生、皮膚柔軟化、保湿、免疫力などの向上が期待でき、肌荒れ全般やアトピー性皮膚炎、むくみの改善や予防に効果を発揮します。

 

ほかにも、口内炎や便秘の改善、咳やのどの痛みを抑える作用があるので、風邪をひきにくくする効能もあります。

 

 

ヨクイニンは、飲んでも皮膚に塗っても副作用が少なく安心して使える成分ですが、稀にじんましんや発疹、下痢、胃の不快感などの副作用が起こることがあります。

 

そのため、妊娠中の人や心臓病、高血圧症、循環器系疾患などの持病を持っている人は使用に当たって注意が必要です。

 

 

イボコロリの液体タイプの特徴

 

皮膚に大きなイボができてしまった時に、皮膚に塗るだけでイボを落とす効果が期待できるのがイボコロリの液体タイプです。

 

イボを落とすといっても強烈な刺激を与えるものではなく、皮膚の内部にまで成分を染み込ませて、イボを少しずつ剥がしてくれます。

 

皮膚に塗布した部分が少しずつ白く硬化していくのが、イボコロリの液体タイプの特徴で、硬化したイボを剥がす事で皮膚を綺麗にする事が可能です。

 

ピンセットなどを使って硬化したイボを剥がすようにすると、皮膚に余計なダメージを与えず済みます。

 

白く硬化したイボを剥がして、イボコロリの液体タイプを再び塗布するという作業を何度か繰り返してください。
次第にイボの大きさが小さくなってきて、以前のような綺麗な肌を取り戻す事ができます。

 

健康な皮膚まで硬化してしまう心配はありませんから、気軽に皮膚に塗布する事が可能です。

 

薬などが原因でアレルギー症状を起こした経験がある人や、糖尿病の治療をしている人や、妊婦や7歳未満の乳幼児はイボコロリの液体タイプを使用する事はできません。

 

水イボや老人性イボや尖圭コンジロームや多発性のイボにも、イボコロリの液体タイプは使用できないので注意をしてください。

 

 

 

杏仁オイルの特徴を解説

 

杏仁オイルは、あんずの種の中心部分(杏仁)から抽出したオイルで、中国では古くから利用されてきましたが、最近では天然の美容オイルとして注目を集めています。
杏仁オイルには、若い人の肌に多く含まれるバルミトレイン酸をはじめ、セラミドの構成成分であるリノール酸やオレイン酸、ステアリン酸、パルミチン酸の5種類の高級脂肪酸が豊富に含まれているのが特徴です。これらの成分は、新陳代謝を高め、紫外線を保護し肌の老化を防ぐ作用や保湿に加え、優れた皮膚軟化作用があります。ビタミンEも豊富なので、アンチエイジングのためのスキンケアオイルとして期待されています。また杏仁オイルが他の植物オイルと異なる特徴として、新陳代謝の活性化により肌のターンオーバーを促進し、イボの改善に効果的とされています。
植物オイルの中でも人間の皮脂に非常に近い成分を多く含んでいるため、刺激が少なく肌にやさしいのもポイントの1つです。ほぼ無臭でさらっとした軽い使い心地なので、顔だけでなく髪や頭皮、体など全身のスキンケアに幅広く使用でき、女性にとってはうれしい、便利で使いやすいオイルと言えます。乾燥した肌に潤いを与えて肌荒れや肌トラブルの緩和や予防にも効果があるとされています。